【日本電通株式会社】〜若い世代が輝くことのできる採用と文化作り〜

日本電通株式会社さん取材記事サムネイル

パソコン・インターネットが広く普及する前から、福岡のITインフラを支え、今では西日本各地に営業所を持つ日本電通株式会社(以下:日本電通)。

今回はITの発展に幅広く貢献してきた日本電通さんにインタビューをしました。

▼日本電通株式会社さんのホームページはコチラ▼

日本電通株式会社 | 通信機器事業、セキュリティ事業、ネットワーク事業、省エネ事業におけるコンサルティング提案販売、設置施工、保守メンテナンス全般を行っています。

通信機器事業、セキュリティ事業、ネットワーク事業、省エネ事業におけるコンサルティング提案販売、設置施工、保守メンテナンス…


▼日本電通株式会社さんのインスタグラムはコチラ▼

https://www.instagram.com/nihondentsu/

日本電通株式会社の橋本社長が考える「人生の動かし方」

まず初めにインタビューを受けてくださったのは、日本電通の橋本社長。

日本電通株式会社の橋本社長 

日本電通 福岡 橋本社長
私は砂畑さんと同じ福岡大学出身で、商学部貿易学科だったんです

はじめにそうお話ししてくださった橋本社長。

お父様が創業した日本電通を受け継いだ、2代目の社長さんです。

学生の頃に福岡からオーストラリアへ留学を経験し、半年お仕事をしていた経歴をお持ちの橋本社長。

帰国してからは東京の通信会社で7年間勤務し、その後、福岡に戻り現在に繋がっているようです。

Navi-raz運営メンバー3人のうち2人が海外留学経験があるように、在学留学というものは珍しいものでは無いといえます。

しかし、橋本社長の学生時代は広く認知されていたわけではないようで、今の学生が留学することとの違いがありました。

ー海外留学の経験が今に繋がっているとお考えになりますか?

日本電通 福岡 橋本社長

はい。例えば、砂畑さんは学生のうちに起業をしてこういう課題を解決していきたいんだというような思いとか、こうなりたいんだっていうビジョンがあると思います。

他の若い人だって具体的じゃなくても現実的じゃなくても大きなビジョンを描くことはできるんです。すると不思議なことに、人生というものは自分が描いたビジョンの方に進んでいくものなんです

ー描いたビジョンに向かって人生が動いていく、ですか?

日本電通 福岡 橋本社長

そうです。私はオーストラリアに留学している時に、ある程度お金がたまったもんですから世界一周旅行をしたんですね。当時は今と比べて安価にそういうことができましたし、オーストラリアは日本よりも給料がよかったんです。

その世界一周の中でいくつかの国に訪れたんですが、中でも印象的なのはタイだったんです。

今のタイといえばかなり発展していますが、当時のタイはカルチャーショックを受けるような状態でした。

しかし、豊かな自然があって、日本には無い植物が育つんです。例をあげると3年で成長する木があったんですね。なので山をいくつか買って、その木を順番に育てていって、日本や他の国に輸出するってことをしたかったんです。なのでそういう商社に就職しようとしていたのですが、色々とあって叶わずでした

ーはい。しかしここまでのお話だとビジョンの方向へ人生が動くということは分からないのですが、、、。

日本電通 福岡 橋本社長

そう。私もその時は見えていなかったんです。ただ、東京から福岡に帰ってきて仕事をしている中で”タイでLEDを作って輸出したい”という相談を受けたんです。その相談に対して私はすぐにお返事をして、実際に事業を起こしたんですね。

結果、木材を輸出してタイに貢献することはできなかったんですが、違うものを使って事業をする事ができたんですよね

ー長い時間をかけて、ビジョンに近づいたという事ですね。

日本電通 福岡 橋本社長

そうなんです。ビジョンとかそういう思いというのは、思い続けるといつか叶うものなんです。どこかのタイミングで思いの方向に人生が動き始めるんですよね。

思いが運命を動かしていくことがあるんです。なので、若いうちから何かを諦めるのではなくて思い続けることが大切なんです

ービジョンを持って、思い続ける事が大切なんですね。

日本電通 福岡 橋本社長
なので、私は社員に対してもこの話を一番最初にします。そうすると“夢をもう一度思い出してくれる人”もいれば、“今は目標が無いからまずは見つけてみますという人”もいるんですね。
そして、私はそうやってビジョンに向かって頑張る社員たちを応援したいと思っています

ユーモアを交えながら話してくださる橋本社長

ー社員さんのお話が出ましたので、続けて聞きたいのですが、社員さんに「大切にしてほしい」と思っていることはありますか?

日本電通 福岡 橋本社長

これは採用にも繋がってくる話なんですが、人が成果を出すには“能力”、“熱意”、“考え方”この3つが重要だと考えています。

能力というのは生まれ持ったセンスだったり、訓練して手に入れたスキルだったりを指します。

しかし、能力があるから良いというわけでは無いんですね。実際、日本電通では学歴重視の採用はしていません。私が能力よりも大切にしているのは熱意だからです

ー熱意を重視しているのはなぜですか?

日本電通 福岡 橋本社長
能力が低くても、熱意があれば結果を出すことができるんです。熱意が能力の向上に繋がることもあります。しかし、能力があっても熱意がなければ結果が出てこないんです

ーでは「考え方」というのは具体にどういうものでしょうか?

日本電通 福岡 橋本社長

考え方は、プラスなのかマイナスなのかという話です。

マイナスな人というのは失敗を誰かのせいにしたり人の才能を妬んだりします。能力があって熱意があっても、人を妬む心や拗ねた性格の人ではなかなか良い結果が生まれません。

それだけではなく、他の人の足を引っ張ってしまうんですよね

ープラスな考え方というのはどういうことでしょうか?

日本電通 福岡 橋本社長

プラスな人というのは、世のため人のために努力をする事ができます

能力が高くなくても、熱意とプラスな考え方を活かして成果を出す人が日本電通にはたくさんいます。そういう人になろうというような話を社員に向けてしています

ー熱意や考え方に対する橋本社長の姿勢がとても伝わるお話です。ただ、情熱をいつまでもキープすることはそう簡単ではないと思うんです。これに対して橋本社長はどうお考えでしょうか。

日本電通 福岡 橋本社長

そうですね。自分のモチベーションをキープし続けるのは簡単なことではありません

そこで私たちが会社として提供できるものが理念だと考えています。この会社が何のために存在しているのか、それをしっかりと社員のみんなに浸透させることが大切なんです。

そのためにフィロソフィーを今作っているところです。それが今年の夏には出来上がるので、社員のみんなにも共有していきたいと思っています。

日本電通で言えば、従業員の幸せを作る会社を理念に掲げていますから、そのために利益を上げなければなりませんし、誰もが活躍する場を作っています

ーありがとうございます。貴重なお話をたくさん伺う事ができました。最後に学生に向けて何かメッセージをいただいてもよろしいでしょうか?

日本電通 福岡 橋本社長

学生さんは、社会に出て何をしたいのかを考える時間がたくさんあると思います。なので、じっくりと、自分は社会にどう貢献したいか考える時間にして欲しいなと思います。

1社目から希望する企業に勤められなくてもいいんです。大切なのは冒頭話したように、思いを持っているかどうかです。思いを持っていれば自然とその方向に人生が動くものですから、じっくりと自分を見つめ直して考える時間にぜひ使っていただきたいです。

運命に流されて作っていく人生も素敵ですが、自分で運命を動かして人生を作っていくことの方が最終的な満足感は大きいと思うんです。ぜひ、高い目標や大きいビジョンを掲げていただきたいなと思います

最後には、学生に向けて温かいメッセージをくださいました。

日本電通株式会社のロゴマーク
日本電通のロゴマーク。橋本社長のお父様が作ったものだそうです。

日本電通でキャリアをつくる

橋本社長へのインタビューのあとは、日本電通の人事課でご活躍されている園田さんと江口さんにお話をうかがいました。

日本電通株式会社の園田さんと江口さん
園田さん(左)と江口さん(右)

ーお二人が実際に日本電通で活躍されている中で、ここがスキだなと思うところを教えてください。

日本電通 福岡 園田さん

日本電通には、社員だけがみられるポータルサイトみたいなのがあるんですね。そこでは真面目な文書が送られてくることはもちろんなんですけど、社員一人一人のプロフィールも見られるんです。

日本電通は事業所が多いので、なかなか会うことができない社員さんもいるんです。だから、ポータルを通してコミュニケーションをとることができるのはいい取り組みだなと思っています

ーちなみに園田さんはどんなプロフィールを書いてるんですか?

日本電通 福岡 園田さん
え?私ですか?私はお酒が好きとか書いてます(笑)

ーなるほど!(笑)結構フランクな内容も届けられるのはいいことですよね。
 江口さんは日本電通のどんなところがスキですか?

日本電通 福岡 江口さん
日本電通には結構幅広い年齢の方がいるんですけど、どんな人とも仲良く接する事ができる雰囲気があるのが好きですね

ー結構ベテランの方とお話しされることもありますか?

日本電通 福岡 江口さん

そうですね。他の事業所に行ってもたくさん話しかけてくれますね。若い世代がベテラン世代の方に話しかけるのって結構難しいと思うんです。

先輩だから話しかけにくかったり。きっとそれを分かってくださっているからこそ、ベテランの方から話しかけてくれるので楽しくコミュニケーションを取りながら働くことができています

ー日本電通さんでは若い世代が活躍できる会社ということを掲げていますが、それにもつながる雰囲気と言えますね。

日本電通 福岡 江口さん

若い人が会社の中で活躍するっていうのはいいことだと思うんですよね。

っていうのも、若い人が持っているエネルギーはやっぱり大きいんです。今月これだけ売り上げたけどまだ頑張るぞ!!っていうエネルギーを若い人の方が持ってるのかなと思いますね

ー実際、日本電通入社2年目で人事課として活躍されている江口さんは、“若手が活躍する”ということに対してどんなふうにお考えですか?

日本電通 福岡 江口さん
そうですね。園田さんが話したように、若いからこそ持っているエネルギーっていうのはもちろんあると思います。ただ、それだけが理由で若手が輝けているとは思っていなくて、若手ではない社員の方々がすごく応援してくれるのが日本電通の文化なのかなと思います

ー若手を応援してくれる、ですか。実際にそういう経験がありますか?

日本電通株式会社人事部江口さん

日本電通 福岡 江口さん

日本電通ではキャンペーンと呼ばれるものがあって、営業所ごとに売上だったり、そういう何かしらの数字を競う取り組みがあるんですね。

その中に新人賞というのがあって、私は入社当時営業職だったんですが、同じ事業所の方々がすごく応援してくれるんです。“江口が新人賞を取れるようにみんなで頑張ろう!”みたいな感じで。そのご支援もあって新人賞を取った経験がありますね

日本電通 福岡 園田さん
江口さんは新人賞3回取ってますからね!

ー3回もですか!日本電通さんでは若手の魅力が輝く環境が整っているんですね。お二人が日本電通さんで働くうえでのモチベーションというのは、どのあたりにあるのでしょうか?

日本電通 福岡 園田さん

私は営業サポートっていう職種を4年間していたんですが、その時はお客さんからの喜びの声をいただけた時にすごくやりがいを感じていたんですね。

今は人事に異動したので、現場で働く社員の方々の手助けをできることがモチベーションですね

ーお客さんの声がモチベーションだったのが、社内のメンバーからの声へと変わったということですね。江口さんはどうでしょうか。

日本電通 福岡 江口さん

去年は1年目だったので何にも分からずひたすらに頑張っていたんですけど、仕事内容が営業から人事に変わって、接する人がお客さんから学生に変わったんですね。

その中で、学生から声をかけてくれたり相談してくれたりするのが私のモチベーションかなと思います

学生が輝く日本電通を目指して

ーそれでは日本電通さんの「採用」についておうかがいできればと思うのですが、採用の流れはどのような感じになっているのでしょうか?

日本電通 福岡 園田さん
はじめは説明会をして、会社について知ってもらう段階があって、その後エントリーしてきた学生に対して面接をして行くっていう、よくあるパターンではありますね

ー日本電通さんの面接ではどんなことを聞くんですか?と聞きたいところですが、記事にできないこともあると思いますので、何かざっくりとおうかがいしても良いですか?

日本電通 福岡 園田さん
そうですね。会社の説明会では学生に対して日本電通のことを伝えます。なので面接では会社のことを押し付けるというよりは、学生本人のことを教えてもらうステップとして捉えていますね

ー採用活動において何か大切にしていることはありますか?

日本電通 福岡 江口さん

私は日本電通に入社してまだ2年なので、どちらかというと企業側というよりも学生側の視点で採用を見ているんですね。

実際、私も就活生としてスーツを着て説明会に足を運んでいたので、就活生の不安だったり悩みだったりを理解できるんです。なので、その視点を採用活動に生かしています

ー具体的に学生視点を生かした取り組みはありますか?

日本電通 福岡 江口さん

そうですね。直近で言えば、学生とのやりとりをメールではなくてLINEに変えたんです。今の学生ってメールよりもLINEの方が馴染みがありますし、メールだといろんなことが原因で連絡を取れなくなる事があると思ったので全てLINEに変更しました。

あとはPR動画を作ったり、日本電通の公式インスタグラムを作って、学生に情報が届くような体制を作り始めました

日本電通株式会社人事部主任園田さん

日本電通 福岡 江口さん

他には、大学に行って企業説明会をすることがあるんですけど、そこに日本電通で一番若い社員を連れていくようにしています。

やっぱり学生って年齢の離れた人の意見より、自分たちに近い世代の意見が欲しいと思うんですよね。なので学生の興味に合わせた説明ができるように心がけています

ーここまでお話いただけたように、採用活動に対して様々な工夫を凝らしていらっしゃる日本電通さんですが、どのような理想を持って採用活動を行っているのでしょうか?

日本電通 福岡 江口さん

採用活動ってまるで企業が学生を選んでいるように思えますが、企業が学生に対して内定を出したとしても、その企業で働くかどうかを最終的に決めるのは学生なんですよね。

なので、企業の思いだけを押し付けて採用するのではなくて、学生の思いを大切にした採用活動を行っていきたいと思っています

日本電通 福岡 園田さん

なので、私たちも率直に“日本電通はここが魅力で、ここは大変だよ”ということを学生に対して伝えるようにしています。やっぱり入社してからギャップがあって“なんでこんな会社選んだんだろう”って思ってほしくないんです。

それに、そうやって正しく伝えることで、本当に日本電通で働きたい人っていうのが集まってくると思います

日本電通株式会さんのお話をうかがって

今回は日本電通株式会社代表取締役社長の橋本社長と人事課の園田さん、江口さんに取材を行いました。

取材の途中で「この仕事には元気が必要なんです」とお話くださった橋本社長はとても明るく、こちらまで元気にさせてくださるような方でした。

若手の社員が輝くことに思いを懸け、大きな組織をまとめていらっしゃいました。

人事課の園田さん、江口さんは、「就活をするのは学生だから」と何度も口にされ、お互い理解したうえでの採用ということに重きを置かれていました。

もっと詳しい事業内容などについて興味のある方は下のリンクから日本電通さんのホームページをご覧ください!

▼日本電通株式会社さんのホームページはコチラ▼

日本電通株式会社 | 通信機器事業、セキュリティ事業、ネットワーク事業、省エネ事業におけるコンサルティング提案販売、設置施工、保守メンテナンス全般を行っています。

通信機器事業、セキュリティ事業、ネットワーク事業、省エネ事業におけるコンサルティング提案販売、設置施工、保守メンテナンス…


▼日本電通株式会社さんのインスタグラムはコチラ▼

https://www.instagram.com/nihondentsu/

Navi-razでは日本電通さんに残り2回の取材を予定しています。

次回も就活生の方にも、社会人の方にも楽しんでいただけるインタビューになること間違いなしです!

最新情報をチェックしよう!